mocha を統合した新しい Sapphire が、無限の表現を生み出す ───!
映像作品を進化させ続けるVFXプラグインの最高峰

Sapphire 11
サファイア 11
効果:ビジュアルエフェクト集
開発:GenArts
種類:After Effects, Premiere Pro, DaVinci Resolve, Fusion, Nuke, Vegas Pro Studio, Avid Media Composer, Autodesk Flame Family など対応プラグイン
 Sapphire、最新バージョン11 について
Sapphire は、最新バージョン11を販売中です。バージョン11 の新機能はこちら
新規ライセンスと共に、アップグレード版にあたる【Sapphire アップグレード&サポートプラン】更新 の販売中です。
Sapphire 11 への無償アップグレードの対象ユーザーのみなさまには、E-mailにてご案内をお送りしました。ぜひ新バージョンをご利用ください。(2017年12月末)
【重要】GenArts Sapphire フローティング版をご利用のみなさまへ
BorisFX 社は、GenArts Sapphire フローティング版の販売ポリシーを変更致しました。
2017年4月1日より、GenArts Sapphire フローティング版の新規ライセンス、及びノードロック版からフローティング版へのアップグレードのご注文は、最小5本からの受付となります。詳細は以下をご参照願います。
【Sapphire アップグレード&サポートプラン】のご案内
Sapphire のアップグレード版の提供は、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】に加入しているユーザーのみとなります。アップグレード&サポートプラン加入期間が終了した Sapphire をアップグレードする場合、一年分の更新費用が必要となります。
※一年間のプランが終了した後、プランを継続して更新しなかった際に追加される経過期間分の「更新継続費」が廃止されました。(2016/10/18)
「Sapphire 7 以前 (v7を含む) の旧バージョン」全サポート終了のお知らせ
Sapphire の開発元 GenArts 社は、2016年4月29日以降、「Sapphire 7 以前 (v7を含む) の旧バージョン」の全サポートを終了することを発表しました。
既存ユーザーのみなさまは以下詳細の確認をお願い致します。(2016/4/25)

Sapphire 11 各ホストアプリケーションの対応表

After EffectsPremiere ProAvidOFXSmokeFlame
Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke××
Sapphire 11 for Avid only license×××××
Sapphire 11 for Flame only license×××××
Sapphire 11 for Flame, Avid, Adobe, OFX, and Smoke

Sapphire 11 価格・ご注文

【Sapphire アップグレード&サポートプラン】のご案内
日頃弊社取扱製品 GenArts 社 Spphire をご愛用頂き、誠にありがとうございます。

Sapphire は、バージョン8 より、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】がスタートしました。
Sapphire 11*を新規購入したユーザーの皆様は、自動的に一年間の保守メンテナンスプラン【Sapphire アップグレード&サポートプラン】に加入致します。
テクニカルサポートやライセンス移行、アップグレード版の提供は、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】加入期間のみの提供となり、期間終了とともに、一切のサービス提供が終了します。

保守メンテナンスプランの契約期間が終了した場合、【Sapphire 11 アップグレード&サポートプラン 価格・ご注文】より、一年ごとに更新することができます。複数年分の販売はありません。 複数ライセンスの Sapphire をご利用の場合、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】はご利用のライセンス数分購入する必要があります。

*Adobe/OFX 期間限定版、Aivd 期間限定版 を除きます。

※Sapphire のアップグレード版の提供は、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】に加入しているユーザーのみです。アップグレード&サポートプラン加入期間が終了した Sapphire をアップグレードする場合、一年分の更新費用が必要となります。

※コンピューターがクラッシュし、お客様自身で Sapphire のライセンス認証解除が不可能となり、GenArts社にライセンスリセットを依頼する際には【Sapphire アップグレード&サポートプラン】への加入が必須です。アップグレード&サポートプラン加入期間が終了している場合、一年分の更新費用が必要となります。

※バージョン 7 以前の Sapphire をご利用のお客様で、最新バージョンにアップグレードを希望する場合、新たに【Sapphire アップグレード&サポートプラン】へ加入する必要があります。

※一年間の【Sapphire アップグレード&サポートプラン】が終了した後、プランを継続して更新しなかった際に追加される経過期間分の「更新継続費」が廃止されました。アップグレード&サポートプランを更新される場合、サポート終了日から更新までに期間が経過している場合も、更新費用のみで更新が行えます。(2016/10/18)
Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke (Windows/Macintosh/Linux)
Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke Node locked
ダウンロードB
¥238,030
Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke Node locked(FCP7対応のv7にダウングレード)
Final Cut Pro 7で使用できるSapphire 7へのダウングレードをご希望の場合はこちらの製品をご注文ください。
ダウンロードA
¥238,030
Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke Floating
ダウンロードA
お問い合わせください
Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke Floating アップグレード&サポートプラン加入ユーザー限定 (from v11 Node Locked)
ダウンロードA
お問い合わせください
【重要】GenArts Sapphire フローティング版をご検討のみなさまへ
2017年4月1日より、GenArts Sapphire フローティング版の新規ライセンス、及びノードロック版からフローティング版へのアップグレードのご注文は、最小5本からの受付となります。以下をご参照願います。
■ Node Locked 版と Floating 版の違いについて:
Node Locked 版:1ライセンスを固定した1台のコンピューターで使用する一般的なライセンスです。
Floating 版:1ライセンスを複数台のコンピューターで共有する場合のライセンスです。ライセンスはサーバマシンにて管理します。ソフトウェアを使用するコンピューターの変更がすぐに行えます。
詳細【GenArts社製品:Floating(フローティング)/ Render(レンダー)ライセンスのご案内】
いずれのライセンスも、1ライセンスを1台のコンピューターで利用できます。
【Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke】対応ホストアプリケーション (以下のホストアプリケーション全てで使用できます):
Adobe After Effects
Adobe Premiere Pro
Autodesk Smoke
Autodesk Flare
Autodesk Flame Assist
Blackmagic Davinci Resolve
Blackmagic Fusion
The Foundry Nuke
Magix Vegas Pro Studio
Grass Valley Edius Pro
Sony Catalyst
Filmlight Baselight
ToonBoom Harmony
SAM Rio (formerly Quantel)
Silhouette
 
Sapphire 11 for Avid only license (Windows/Macintosh)
Sapphire 11 for Avid only license Node locked
ダウンロードB
¥238,030
Sapphire 11 for Avid only license Floating  
ダウンロードA
お問い合わせください
【Sapphire 11 for Avid only license】対応ホストアプリケーション:
Avid Media Composer
Sapphire 11 for Flame only licens (Macintosh/Linux)
Sapphire 11 for Flame only license Node locked
ダウンロードB
¥238,680
Sapphire 11 for Flame only license Floating
 
ダウンロードA
お問い合わせください
【Sapphire 11 for Flame only license】対応ホストアプリケーション:
Autodesk Flame
Autodesk Smoke
Autodesk Flare
Autodesk Flame Assist
期間限定版(1年)の納品ライセンスについて:
本製品の納品ライセンスは、お使いのマシンにてライセンス認証を実行した日付から1年間有効になります。
Sapphire 11 for Adobe/OFX 期間限定版 (1年)
ダウンロードB
¥69,550
【Sapphire 11 for Adobe/OFX 期間限定版】は指定された1年間に限り、以下のホストアプリケーションのみで使用できるライセンスです。
Adobe After Effects
Adobe Premiere Pro
Blackmagic Davinci Resolve
Blackmagic Fusion
The Foundry Nuke
Magix Vegas Pro Studio
Grass Valley Edius Pro
Sony Catalyst
Filmlight Baselight
ToonBoom Harmony
SAM Rio (formerly Quantel)
Silhouette
 
 
期間限定版(1年)の納品ライセンスについて:
本製品の納品ライセンスは、お使いのマシンにてライセンス認証を実行した日付から1年間有効になります。
Sapphire 11 for Avid 期間限定版 (1年間)
ダウンロードB
¥69,550
【Sapphire 11 for Avid 期間限定版】は指定された1年間に限り、以下のホストアプリケーションのみで使用できるライセンスです。
Avid Media Composer
Sapphire 11 for Flame, Avid, Adobe, OFX, and Smoke Node locked
ダウンロードB
¥392,470
Sapphire 11 for Flame, Avid, Adobe, OFX, and Smoke Floating
ダウンロードA
お問い合わせください
【Sapphire 11 for Flame, Avid, Adobe, OFX, and Smoke】対応ホストアプリケーション (以下のホストアプリケーション全てで使用できます):
Adobe After Effects
Adobe Premiere Pro
Autodesk Smoke
Autodesk Flare
Autodesk Flame Assist
Blackmagic Davinci Resolve
Blackmagic Fusion
The Foundry Nuke
Magix Vegas Pro Studio
Grass Valley Edius Pro
Sony Catalyst
Filmlight Baselight
ToonBoom Harmony
SAM Rio (formerly Quantel)
Silhouette
Avid Media Composer
Autodesk Flame
【Sapphire アップグレード&サポートプラン】のご案内
日頃弊社取扱製品 GenArts 社 Spphire をご愛用頂き、誠にありがとうございます。

Sapphire は、バージョン8 より、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】がスタートしました。
Sapphire 11*を新規購入したユーザーの皆様は、自動的に一年間の保守メンテナンスプラン【Sapphire アップグレード&サポートプラン】に加入致します。
テクニカルサポートやライセンス移行、アップグレード版の提供は、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】加入期間のみの提供となり、期間終了とともに、一切のサービス提供が終了します。

保守メンテナンスプランの契約期間が終了した場合、【Sapphire 11 アップグレード&サポートプラン 価格・ご注文】より、一年ごとに更新することができます。複数年分の販売はありません。 複数ライセンスの Sapphire をご利用の場合、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】はご利用のライセンス数分購入する必要があります。

*Adobe/OFX 期間限定版、Aivd 期間限定版 を除きます。

※Sapphire のアップグレード版の提供は、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】に加入しているユーザーのみです。アップグレード&サポートプラン加入期間が終了した Sapphire をアップグレードする場合、一年分の更新費用が必要となります。

※コンピューターがクラッシュし、お客様自身で Sapphire のライセンス認証解除が不可能となり、GenArts社にライセンスリセットを依頼する際には【Sapphire アップグレード&サポートプラン】への加入が必須です。アップグレード&サポートプラン加入期間が終了している場合、一年分の更新費用が必要となります。

※バージョン 7 以前の Sapphire をご利用のお客様で、最新バージョンにアップグレードを希望する場合、新たに【Sapphire アップグレード&サポートプラン】へ加入する必要があります。

※一年間の【Sapphire アップグレード&サポートプラン】が終了した後、プランを継続して更新しなかった際に追加される経過期間分の「更新継続費」が廃止されました。アップグレード&サポートプランを更新される場合、サポート終了日から更新までに期間が経過している場合も、更新費用のみで更新が行えます。(2016/10/18)
Sapphire 11 無償アップグレードについて:
Sapphire 11 のリリース時、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】加入期間内の Sapphire 10 の お客さまは、Sapphire 11 への無償アップグレード対象者です。
対象ユーザーの皆様には、準備が整い次第 Sapphire 11 のライセンスについてのご案内を E-mail にて送付致します。恐縮ですがしばらくお待ちください。
また【Adobe CC、Aivd、OFX 期間限定版】のユーザーの皆様で使用期間内の場合、期間内の Sapphire 11 のライセンスをあらためてお知らせします。こちらも恐縮ですがしばらくお待ちください。(2017年10月24日)
Sapphire 11 のライセンスが認証できる Sapphire のバージョンについて:
Sapphire 11 のユーザーの方は、Sapphire 11 の新規ライセンスを使用して、Sapphire 10、Sapphire 9、Sapphire 8、Sapphire 7.5 を認証することができます。但し、同じコンピュータで Sapphire の異なるバージョンを同時に使用することはできません。(同じコンピュータの場合、Sapphire 11,10, 9, 8, 7.5 のいずれか一つのバージョンを使用できます)
Sapphire 7 以前 から Sapphire 11 へアップグレードをご希望のお客さまへ:
Sapphire 11 のユーザーの方は、Sapphire 11 の新規ライセンスを使用して、Sapphire 7 のプロジェクトファイルを開くことができる Sapphire 7.5 を利用できます。但し、同じコンピュータで Sapphire の異なるバージョンを同時に使用することはできません。
(Sapphire 11、Sapphire 10、Sapphire 9、Sapphire 8 の新規ライセンスは、 バージョン7 以前の Sapphire を認証できません)

Sapphire 7 より Sapphire をアップグレードされる場合、一度 Sapphire 11、Sapphire 10、 Sapphire 9、 Sapphire 8、 Sapphire 7.5 のいずれかを認証すると、アップグレード元の Sapphire 7 は、2週間後に使用できなくなりますのでご注意ください。
Sapphire 旧バージョンの Node locked から、最新バージョンの Floating へアップグレードについて:
Sapphire 旧バージョンの Node locked から、最新バージョンの Floating へアップグレードをご希望の場合、この【Sapphire アップグレード&サポートプラン】を加入 (購入) と合わせて【Sapphire 11 for 〜 Floating アップグレード&サポートプラン加入ユーザー限定 (from v11 Node Locked)】をご購入ください。
Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke (Windows/Macintosh/Linux)
Sapphire Upgrade and Support for Adobe, OFX, and Smoke License 更新 v10以降 ユーザー版 (1 Year)
※本サポートプラン更新のご注文は、サポート終了日の1週間前より承ります。
(Sapphire for Adobe, OFX, and Smoke の Node locked v10以降、または Floating v10以降 をお持ちユーザーの方が1年間のサポートプランを更新される場合)
ダウンロードA
¥69,550
Sapphire Upgrade and Support for Adobe, OFX, and Smoke License v9以前 ユーザー版 (1 Year)
ダウンロードA
¥97,630
【Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke】対応ホストアプリケーション (以下のホストアプリケーション全てで使用できます):
Adobe After Effects
Adobe Premiere Pro
Autodesk Smoke
Autodesk Flare
Autodesk Flame Assist
Blackmagic Davinci Resolve
Blackmagic Fusion
The Foundry Nuke
Magix Vegas Pro Studio
Grass Valley Edius Pro
Sony Catalyst
Filmlight Baselight
ToonBoom Harmony
SAM Rio (formerly Quantel)
Silhouette
 
Sapphire 11 for Avid only license (Windows/Macintosh)
Sapphire Upgrade and Support for Avid only license 更新 v10以降 ユーザー版 (1 Year)
※本サポートプラン更新のご注文は、サポート終了日の1週間前より承ります。
(Sapphire for Avid only license の Node locked v10以降、または Floating v10以降 をお持ちユーザーの方が1年間のサポートプランを更新される場合)
ダウンロードA
¥69,550
Sapphire Upgrade and Support for Avid only license v9以前 ユーザー版 (1 Year)
(Sapphire for Avid Node locked v9以前 から Sapphire 11 for Avid only license Node locked、または Sapphire for Avid Floating v9以前 から Sapphire 11 for Avid only license Floating にアップグレードされる場合)
ダウンロードA
¥97,630
【Sapphire 11 for Avid only license】対応ホストアプリケーション:
Avid Media Composer
Sapphire 11 for Flame only license (Macintosh/Linux)
Sapphire Upgrade and Support for Flame only license 更新 v10以降 ユーザー版 (1 Year)
※本サポートプラン更新のご注文は、サポート終了日の1週間前より承ります。
(Sapphire for Flame only license の Node locked v10以降、または Floating v10以降 をお持ちユーザーの方が1年間のサポートプランを更新される場合)
ダウンロードA
¥69,550
Sapphire Upgrade and Support for Flame only license v9以前 ユーザー版 (1 Year)
(Sapphire for Flame Node locked v9以前 から Sapphire 11 for Flame only license Node locked、または Sapphire for Flame Floating v9以前 から Sapphire 11 for Flame only license Floating にアップグレードされる場合)
ダウンロードA
¥97,630
【Sapphire 11 for Flame only license】対応ホストアプリケーション:
Autodesk Flame
Autodesk Smoke
Autodesk Flare
Autodesk Flame Assist
Sapphire Upgrade and Support for Flame, Avid, Adobe, OFX, and Smoke License 更新 v10以降 ユーザー版 (1 Year) 
※本サポートプラン更新のご注文は、サポート終了日の1週間前より承ります。
(Sapphire for Flame, Avid, Adobe, OFX, and Smoke の Node locked v10以降、または Floating v10以降 をお持ちユーザーの方が1年間のサポートプランを更新される場合)
ダウンロードA
¥125,710
Sapphire Upgrade and Support for Flame, Avid, Adobe, OFX, and Smoke License v9以前 ユーザー版 (1 Year)
ダウンロードA
¥167,830
【Sapphire 11 for Flame, Avid, Adobe, OFX, and Smoke】対応ホストアプリケーション (以下のホストアプリケーション全てで使用できます):
Adobe After Effects
Adobe Premiere Pro
Autodesk Smoke
Autodesk Flare
Autodesk Flame Assist
Blackmagic Davinci Resolve
Blackmagic Fusion
The Foundry Nuke
Magix Vegas Pro Studio
Grass Valley Edius Pro
Sony Catalyst
Filmlight Baselight
ToonBoom Harmony
SAM Rio (formerly Quantel)
Silhouette
Avid Media Composer
Autodesk Flame

Sapphire 11 デモ版&正規版 (最新インストーラー) ダウンロード、動作環境/製品仕様/必要システム構成

プラグインの動作保証は、各ホストアプリケーションがサポートする動作環境に依存します。ご利用のホストアプリケーションの必要システム構成をご確認のうえ、ホストアプリケーションの動作保証内でプラグインをご利用ください。

※製品のインストーラーは、Sapphire 11 および Sapphire 11 Units の、デモ版、正規版、旧バージョンからのアップデータを兼用しています。

※正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に透かし/ウォーターマークが表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

(v8 以降の機能の一つ Sapphire エフェクトビルダー と プリセットブラウザは、After Effects、Premiere Pro、Avid Media Composer のみに対応します)

※対応OSのバージョンは、使用する対応アプリケーションが動作する Windows、Macintosh、Linux の環境です。

※Sapphire 旧バージョンのインストーラーはこちらから

デモ版&正規版 ダウンロード対応アプリケーション対応OS / ハードウェア
  • Adobe After Effects CC 2018 (15.x)
  • Adobe Premiere Pro CC 2018 (12.x)
  • Windows 7 - 10 (64-bit)

  • Adobe After Effects CC 2017 (14.x)
  • Adobe Premiere Pro CC 2017 (11.x)
  • Windows 7 - 10 (64-bit)

  • Adobe After Effects CC 2015 (13.x)
  • Adobe Premiere Pro CC 2015 (9.x)
  • Windows 7 - 10 (64-bit)

  • Adobe After Effects CC 2018 (15.x)
  • Adobe Premiere Pro CC 2018 (12.x)
  • 10.10 (Yosemite)
  • 10.11 (El Capitan) 
  • 10.12 (Sierra)

  • Adobe After Effects CC 2017 (14.x)
  • Adobe Premiere Pro CC 2017 (11.x)
  • 10.10 (Yosemite)
  • 10.11 (El Capitan) 
  • 10.12 (Sierra)

  • Adobe After Effects CC 2015 (13.x)
  • Adobe Premiere Pro CC 2015 (9.x)
  • 10.9 (Mavericks)
  • 10.10 (Yosemite)
  • 10.11 (El Capitan)

デモ版&正規版 ダウンロード対応アプリケーション対応OS / ハードウェア
  • Autodesk Flame Family 2017
  • 10.10 (Yosemite)
  • 10.11 (El Capitan)
  • 10.12 (Sierra)
  • Autodesk Flame Family 2016
  • 10.9 (Mavericks)
  • 10.10 (Yosemite)
  • 10.11 (El Capitan)
  • Autodesk Flame Family 2017
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 6 or 7 (64-bit only)
  • Autodesk Flame Family 2016
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 6 (64-bit only)
  • Autodesk Flame Family 2015
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 5 or 6 (64-bit only)
デモ版&正規版 ダウンロード対応アプリケーション対応OS / ハードウェア
  • Avid Media Composer 8.x
  • Windows 7 - 10 (64-bit)
  • Avid Media Composer 8.x
  • 10.9 (Mavericks)
  • 10.10 (Yosemite)
  • 10.11 (El Capitan)
デモ版&正規版 ダウンロード対応アプリケーション対応OS / ハードウェア
  • Blackmagic Davinci Resolve 14 (Mocha tracking only supported in Studio Version) 12.5/ 12 / 11
  • Windows 7 - 8 (64-bit)
  • Blackmagic Fusion 9 / 8
  • Windows 7 - 8 (64-bit)
  • The Foundry Nuke 11/ /10.5 /10
  • Windows 7 - 8 (64-bit)
  • Magix Vegas Pro Studio 15 /14
  • Windows 7 - 10 (64-bit)
  • Sony Catalyst 2016
  • Windows 7 - 10 (64-bit)
  • Filmlight Baselight 4
  • Windows 7 - 8 (64-bit)
  • ToonBoom Harmony 12
  • Windows 7 - 8 (64-bit)
  • SAM Rio (formerly Quantel) 3 / 2.1 rev 4
  • Windows 7 (64-bit)
  • Grass Valley Edius Pro 8
  • Windows 7 - 8 (64-bit)
  • Silhouette 6
  • Windows 7 以降 (64-bit)
  • Blackmagic Davinci Resolve 14 (Mocha tracking only supported in Studio Version) 12.5/ 12
  • 10.10 (Yosemite), 10.11 (El Capitan), or 10.12 (Sierra)
  • Blackmagic DaVinci Resolve 11
  • 10.9 (Mavericks), 10.10 (Yosemite), or 10.11 (El Capitan)
  • Blackmagic Fusion 9 / 8
  • 10.10 (Yosemite), 10.11 (El Capitan), or 10.12 (Sierra)
  • The Foundry Nuke 11/ /10.5
  • 10.9 (Mavericks) or 10.10 (Yosemite)
  • The Foundry Nuke 10
  • 10.8 (Mountain Lion),or 10.9 (Mavericks)
  • Filmlight Baselight 4
  • 10.7 (Lion) or 10.8 (Mountain Lion)
  • ToonBoom Harmony 12
  • 10.9 (Mavericks) or 10.10 (Yosemite)
  • Silhouette 6
  • 10.9 (Mavericks) 以降
  • Blackmagic Davinci Resolve 14 (Mocha tracking only supported in Studio Version) 12.5/ 12
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 6.6 (64-bit only)
  • Blackmagic DaVinci Resolve 11
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 6.4 (64-bit only)
  • Blackmagic Fusion 9 / 8
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 6.6 (64-bit only)
  • The Foundry Nuke 11/ /10.5 /10
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 5 or 6 (64-bit only)
  • Filmlight Baselight 4
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 5 or 6 (64-bit only
  • Silhouette 6
  • CentOS/Red Hat Enterprise Linux 5 or 6 (64-bit only)

Sapphire 11 は、Final Cut Pro に未対応です。Final Cut Pro 7 に対応している Sapphire の最終バージョンは、販売終了製品のバージョン7です。

Sapphire を Final Cut Pro 7 でご利用の場合、Final Cut Pro 7 が使用できる Sapphire 7 へのダウングレードを承ります。
ご注文をご希望の際は、弊社webストアで、【Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke Node locked】を新規ご注文の際、【Sapphire 11 for Adobe, OFX, and Smoke Node locked(FCP7対応のv7にダウングレード)】をご注文ください。
ご納品時、Final Cut Pro 7 で使用できる Sapphire 7 のライセンスをお知らせ致します。

【ご注意】新規購入された Sapphire 11 を Sapphire 7 へダウングレードされる場合、発行されるライセンスは、Final Cut Pro 7 用のみとなります。Final Cut Pro 7 以外で使用できる Sapphire 7 へのダウングレードは行っておりません。
After Effects で使用される場合は、Sapphire 11 のライセンス(シリアルNo.)で使用できる Sapphire 7.5 のご利用をおすすめします。
(Sapphire 7.5 は、Sapphire 7 のプロジェクトを開くことができます)

  • - 開発元:GenArts
  • - インターフェイス:英語版
  • - 販売形態:ダウンロード製品
  • - 日本語マニュアル:html 形式のファイルをダウンロードにて提供致します。(現時点でバージョン7、After Effects 版の内容です。)
Sapphire FAQ (よくある質問) は、以下のページでご案内しています。

Sapphire 11 製品概要

Sapphire 11 - Introduction to New Features
あらゆるプラットフォームに対応したVFX

映像の新たな世界観を創り出す GenArts 社のプラグイン Sapphire は、視覚効果・VFXの歴史を刻み続けてきたビジュアルエフェクト集の傑作です。

製品には、250種に及ぶエフェクトを搭載。
映画、テレビ、CMなど、様々な作品を手掛ける映像クリエイターのイマジネーションを形にし、最先端の映像作品を生み続けています。

対応するプラットフォームは、After Effects、Premiere Pro をはじめ Autodesk Smoke on Mac, Flame, Avid Media Composer、Blackmagic DaVinci Resolve, Fusion、The Foundry Nuke、Sony Vegas ほか OFX 対応アプリケーションなど。
最高級のエフェクトを、あらゆるプロフェッショナルな作業環境で利用できます。

250種に及ぶエフェクト&トランジションに統合された mocha のテクノロジー

Sapphire 11 に収録する、250種に及ぶすべてのビジュアルエフェクト・プラグインに mocha Pro のプラナートラッキングとマスキング機能が統合されました。しかも、エフェクトパネル上の Edit Mocha ボタンからすることができます。従来のマスク作成と比較し、mocha を利用することで正確なマスクが短時間で作成できるようになります。Edit Mocha ボタンは、リリース済みのすべての Sapphier 11(Adobe、OFX、Autodesk、Avid)で利用することができます。



Sapphire 11 新機能

統合された mocha Pro のトラッキングとマスキング

Sapphire 11 では、mocha Pro のプラナートラッキングとマスキング機能を統合しました。例えばお気に入りの Sapphireエフェクトを適用し、エフェクトパネル上のEdit Mocha から mocha を起動してのトラッキングが可能になりました。従来のマスク作成と比べてMochaを利用することで正確なマスクが短時間で作成できるようになります。Edit Mocha は、リリース済みのすべての Sapphier 11(Adobe、OFX、Autodesk、Avid)で利用することができます。

New Sapphire 11 Builder Presets
50以上の新しいエフェクト&トランジションプリセット

Sapphrie 11 は、第一線で活躍するアーティストによって制作されたビルダーエフェクトに基づく50種類以上のマルチエフェクトプリセットとトランジションプリセットを新たに追加しました。もちろんすべてのプリセットは編集が可能になっているため、ドラッグ&ドラッグでSapphire 11を適用し、プリセットをロードしたら自在にカスタマイズすることができます。

S_MOCHA プラグインの搭載 (Autodesk Flameファミリーのみ)

Autodesk Flameファミリー対応の Sapphire 11 には、S_Mocha Spark を搭載します。S_Mocha Spark は、現在の mocha Pro Flame の Flame GMask へのシェイプデータのエクスポートを含むマスキングトラッキングデータエクスポートをサポートします。

Swish 3D Preset in Sapphire 11
パフォーマンスの向上と強化されたエフェクト

メジャーバージョンアップとなる Sapphire 11 では、CPUとGPUのベンチマークが精査され、スピードとパフォーマンスが向上しました。Sapphire 11 に搭載されるエフェクトとトランジションもパフォーマンスが向上しています。

Sapphire 11 チュートリアル

Sapphire 11 - Getting Started Part 1
Sapphire 11 - Getting Started Part 2
Sapphire 11 - Getting Started Part 3
Introduction to Sapphire Plug-ins for Resolve
Intro to Sapphire Plug-ins for Resolve Studio 14
Sapphire Case Study | Using Builder on “The Cleansing Hour”


Sapphire 10 追加機能

Sapphire 10 追加機能

Sapphire 10 は、フォトリアルな月をジェネレートする Luna (ルナ)、手書き風のペインティング&ドローイングのルックをシミュレートする Brush (ブラシ)、そしてタイルを貼り合せたようなモザイクパターンをジェネレートする RomanTile (ロマンタイル) の3つのエフェクトを新たに搭載しました。

エフェクトビルダーのノードにて、Mask (マスク) と Background (背景) の入力が可能になり、ビルダー上でのより多様な合成が行えるようになりました。

またプリセットブラウザには「Builder Effects」と「New」ボタンが追加され、任意のプリセットを表示しやすくなりました。

Luna (ルナ)

フォトリアルな月をジェネレートします。ルナフェーズ (Lunar Phase/月面の明暗部) のパラメータで、月の満ち欠けのサイクルを再現します。ほかサイズ、カラーの調整や、月の円光 (Halo/かさ) や大気中の効果の追加が可能です。また 同 Effect のLunaDate では、年月日時間 (Year,Month,Day,Hour,Minute) から月の状態を正確にシュミレートできます。
作例画像:Luna

エフェクトビルダーの拡張
  • S_Effect でのノードにて、Mask (マスク) と Background (背景) の入力が可能になりました。After Effects にて、マスクの入力は、After Effects のパスと互換性があります。
  • Woekspace (ワークスペース) 内のグリッド表示に対応。ノードのグリッドへのスナップも可能です。
  • Preview selected node (選択したノードのプレビュー) のボックスをチェックすると、選択したノードがプレビューされます。
  • ノードを複製した際、ノードの名称に通し数字がつきます。
既存エフェクトの拡張
  • InfiniteZoom:Twist と Zoom の大きな値の処理がよくなりました。
  • 全エフェクトにて、widget を表示するチェックボックスが追加。
  • ライセンスツールにて、コマンドラインを使ったオフラインアクティベーションに対応。
Brush (ブラシ)

サイズや方向が異なるブラシストロークを使ってペインティング&ドローイングのルック、手書き風タッチをシミュレートします。ブラシタイプは、オイル (Brush Oil) とチョーク (Brush Chalk) を備えます。イメージを油彩画のタッチで描いたようなオイルペインティングや、水彩画のにじみを加えたりペンでスケッチしたようなチョークタッチを実現します。

RomanTile (ロマンタイル)

ソースクリップ上に、タイルを貼り合せたようなモザイクパターンをジェネレートします。イメージを加工するモザイクの形状 (Tile Shape) は、四角形や六角形を選択できます。ひび割れ (Cracked Tiles) 、モザイクの並びを不規則にする (Vary Shape や Edge Attract) 、浮き出たようなエンボス風 (Light、Tile Height) といった表現が可能です。
作例画像:RomanTile

プリセットブラウザの拡張
  • 全プリセットに「Builder Effects」ボタンが追加。
  • 全プリセットに「New」ボタンが追加。
  • デフォルトで、いくつかの旧プリセットの表示が終了しました。
    表示されなくなった旧プリセットを使用する場合、Preset Browser の メニュー Edit>Browser Settings (ブラウザ セッティング) のダイアログを表示させ、Show old deprecated presets をチェックします。
  • デフォルトでは、プリセットはアニメート表示されません。アニメーションを開始する場合は、Preset Browser のプレイボタンを押します。一度アニメーションを開始すると異なるプリセットを選択しても再生は継続します。

Sapphire 10 を使ったコンポジット例 そのほか Sapphire を使ったコンボジット例・トレーニング

Sapphire 10 新規収録プラグイン紹介【S_Brush、S_Luna、S_RomanTile】
Sapphire 10 S_Effect 新機能紹介

Sapphire 9 追加機能

Sapphire 9 追加機能

Sapphire 9 は、BokehLights (ボケライト)、Aurora (オーロラ)、NightSky (ナイトスカイ)、InfiniteZoom (インフィニティズーム)、CutToDissolve (カットトゥディゾルブ)、StripSlide (スプリットスライド)、RepairFrames (リペアフレーム) の7つのエフェクトを新たに搭載しました。

またバージョン8より搭載された"エフェクトビルダー"の機能も拡張。Effect モード での全パラメーターにアニメーションカーブ、単一のエフェクト内で複数のトランジションノードの作成機能、エフェクト作成をシンプルにする 新しい Tool ノード などを搭載しました。

BokehLights (ボケライト)

焦点がぼけたライトがランダムに動くアニメーションをジェネレートします。

InfiniteZoom (インフィニティズーム)

無限に繰り返しながらズームするマウリッツ・エッシャーの版画を思わせるイメージを生成します。

RepairFrames (リペアフレーム)

前後のフレームを使用して、不良ピクセルやアーチファクトを修復

エフェクトビルダーの拡張
  • Effect モード でパラメーターのアニメーション機能 (アニメーションカーブ) の搭載
  • アニメーションコントロールの改善
  • 単一のエフェクト内で複数のトランジションノードの作成機能の搭載
  • GPU非対応のノードを使用した場合で、ビルダーのエフェクトがGPUアクセラレートを使用
  • エフェクト作成をシンプルにする 新しい Tool ノード の搭載
  • Sapphire Builder の S_Effect にて S_Transitions の追加調整に対応
Aurora (オーロラ)

2つのカラーを活用したオーロラのアニメーションをジェネレートします。パラメーターの調整で Trapcode Form のような表現も可能です。

NightSky (ナイトスカイ)

正確な星の位置情報を持つリアルな夜の星空をジェネレートします。

CutToDissolve (カットトゥディゾルブ)

単一クリップからディゾルブトランジションをジェネレートします。

StripSlide (スプリットスライド)

細長い短冊状に分割したイメージを一片づつスライドアウトさせ、別の背景イメージに乗り替わるトランジションエフェクトです。

既存エフェクトの拡張
Beauty
  • ブラーにより毛穴や小さなテクスチャを保持
  • 老化/若化をContrast enhance/reduceでのコントロール
  • テカリの抑圧
  • 肌の検出の失敗時に Face selection widget を使用
Rays/EdgeRays トランジション

Red、Green、Blue の各チャンネル個別で Ray の長さの設定

Sapphire 8 追加機能

Sapphire 8 追加機能

Sapphire 8 よりエフェクトビルダーが搭載されました。
エフェクトビルダー は、Sapphire のエフェクトやトランジションを自由に組み合わせるノードベースのワークスペースです。既存のエフェクトやトランジションをこの専用ビルダーで連結させ、オリジナルのビジュアルを構築できます。

更に、Sapphire の全てのプリセットとエフェクトを一つのブラウザで確認できるプリセットブラウザが拡張。エフェクトやプリセットはこのブラウザから直接適用が可能です。

そして4つの新エフェクト、Grunge (グランジ)、LightLeak (ライトリーク)、DigitalDamage (デジタル ダメージ)、Crosshatch (クロスハッチ) を搭載。Shake (シェイク) の機能が拡張 (Twitch、Jumps パラメーターの追加) しました。

無限の効果を生み出すノードベースの新ワークスペース
エフェクトビルダー

Sapphire のエフェクトビルダー (Effect Builder)は、Sapphire のエフェクトやトランジションを自由に繋げたり、積み重ねたり、その効果を適用する順番や適用するクリップを入れ替えたりできる画期的なノードベースのワークスペースです。今まで複数のステップを必要としていた作業が、このワークスペースで簡単に完結できます。

エフェクトビルダーで作成した全てのエフェクトやトランジションの自由な組み合わせは、ホストアプリケーションに依存しない一つのカスタムプリセットとして保存し、後から一つの効果としてタイムラインにロードできます。

これまで After Effects や Premiere Pro、Avid では行えなかったこのフローは、創造性、効率性、柔軟性を兼ね備え、映像制作の手法を大きく拡張します。もはやエフェクトやトランジションの組み合わせに制約はありません。表現の可能性を無限に広げる Sapphire のエフェクトビルダーをぜひご活用ください。

※Sapphire エフェクトビルダー と プリセットブラウザは、After Effects、Premiere Pro、Avid Media Composer のみに対応します。

Grunge (グランジ)

cracks (ひび割れ)、stains (しみ)、frost (霜)など、様々な種類の自然なエレメントで、映像に、汚れや、高度なビネット、複雑なテクスチャを追加します。効果は、多くのカテゴリの中から組み合わせやアニメートが可能です。

LightLeak (ライトリーク)

レンズフレアよりも淡く有機的な照明効果を作り出すライトリーク (光漏れ) をシミュレートします。ライトのカラーと動きをコントロールし、ノスタルジックな暖かさとエネルギーを映像に追加します。

エフェクト名が判らなくても、希望の効果を即座に選択
拡張したプリセットブラウザ

エフェクトビルダーは、Sapphire の全てのプリセットにアクセスが可能な、拡張されたプリセットブラウザ (Preset Browser) と連動して活用できます。

新しいプリセットブラウザは、素早く見つけるルックファーストのワークフローを採用。テーマ別のプリセットをサムネールで表示し、その効果の閲覧を即座に行えます。これまで無数にある Sapphire のエフェクトから、自分が使いたい効果を探し出すことが難しい場合もありましたが、プリセットブラウザを使えば、エフェクト名が判らなくても、希望する効果を探すことが簡単にできます。

この Sapphire のプリセットブラウザは、エフェクトの適用結果を比較しながら選んだり、作成した好みのプリセットを保存し、表示することも可能です。更に使ったことのなかった Sapphire のエフェクトを再発見し、慣れ親しむ手助けするツールとしてご利用ください。

DigitalDamage (デジタル ダメージ)

FilmDamage の現代版にあたる DigitalDamage は、デジタルのプレイバックエラー、ノイズ、圧縮エラー、グリッチなど、デジタルのダメージ効果をシミュレートします。7種類のダメージタイプを自由に組み合わせ、カスタマイズできます。

Crosshatch (クロスハッチ)

フッテージを鉛筆やチョークで描いた交差するラインのパターンに加工して、スケッチ画のような風合いを出します。Crosshatch は、例えば、AutoPaint、Sketch、Cartoon といったアート系のエフェクトをより引き立てることができます。

Shake (シェイク)

これまでの機能に加え、Twitchy (痙攣のような動き) と、Jumpy (ジャンプのような動き) の2種類のモードが追加されました。新しいチャンネルパラメータは、シェイク発生時にカラーチャンネルの分離を行えます。

Sapphire 主な機能

ハイエンドで定評のあるビジュアルエフェクト群
  • 250に及ぶエフェクト:ライティング、ブラー、カラー補正、トランジションやディストーションなど、幅広い効果を網羅します。
  • 64-bit モード対応
  • 解像度に非依存
  • マルチプロセッサのサポート
  • カラー設定の色深度 32-bit チャンネル(浮動小数点)をサポート
  • 1100以上のプリセットスタイルが付属
レンズフレア専用のコントロールブラウザ
フレアデザイナー (Flare Designer)

レンズフレアエフェクトは、専用のコントロールブラウザ、Flare Designer (フレアデザイナー) を搭載します。

このブラウザでは、フレア要素のサイズ、配置、厚さ、強度、カラーの操作と共に、付属のライブラリ要素に独自のイメージを追加して新たな要素を作成したり、テクスチャなどを追加できます。

更に、レンズフレアは3Dコントロールに対応。レンズフレアを3Dコンポジション環境で操作し、高度なフォトリアリズムの作成を行えます。

Sapphire トレーニング

Genarts Sapphire を使った3DCGのコンポジット基本例
Genarts Sapphire 【S_Shake】を使った3DCGのコンポジット作例
Genarts Sapphire 【S_Grunge、S_Shake、S_DigitalDamage】を使ったグランジ表現
Sapphire Builder (S_Effect)

Sapphire 8 よりエフェクトのカテゴリメニューに、Sapphire Bilder が追加されました。Sapphire Bilder は、S_Effect と S_Transition の2つを収録します。

Sapphire Builder (S_Transition)

S_Transition は、Sapphire のエフェクトビルダー (Effect Builder) を活用して、Sapphire の様々なトランジションを組み合わせことができます。

Sapphire 8 Builder - Creating custom transitions

Premiere Pro での Sapphire エフェクトの活用例です。トランジションする前後のクリップにそれぞれ別のSapphire エフェクトを自由に追加できます。

Builder Effects: Utility

Avid での Sapphire エフェクトの活用例です。Avid のアプリケーション内での Sapphire のパラメーターコントロールを確認できます。

Sapphire 11 収録エフェクト

Sapphire Adjust
  • S_ChannelSwitcher
  • S_ClampChroma
  • S_DuoTone
  • S_Gamma
  • S_Hotspots
  • S_HueSatBright
  • S_Invert
  • S_Monochrome
  • S_QuadTone
  • S_ShowBadColors
  • S_Threshold
  • S_Tint
  • S_TriTone
Blur+Sharpen
  • S_Beauty
  • S_Blur
  • S_BlurChannels
  • S_BlurChroma
  • S_BlurDirectional
  • S_BlurMoCurves
  • S_BlurMotion
  • S_Convolve
  • S_ConvolveComp
  • S_Deband
  • S_DefocusPrism
  • S_EdgeAwareBlur
  • S_EdgeBlur
  • S_GrainRemove
  • S_Median
  • S_RackDefocus
  • S_RackDfComp
  • S_Sharpen
  • S_SoftFocus
  • S_ZBlur
  • S_ZConvolve
  • S_ZDefocus
Composite
  • S_EdgeFlash
  • S_Layer
  • S_MathOps
  • S_MatteOps
  • S_MatteOpsComp
  • S_ZComp
Distort
  • S_Distort
  • S_DistortBlur
  • S_DistortChroma
  • S_DistortRGB
  • S_Infinitezoom【V9】
  • S_Shake
  • S_StretchFrameEdges
  • S_WarpBubble
  • S_WarpBubble2
  • S_WarpChroma
  • S_WarpCornerPin
  • S_WarpDrops
  • S_WarpFishEye
  • S_WarpMagnify
  • S_WarpPerspective
  • S_WarpPolar
  • S_WarpPuddle
  • S_WarpPuff
  • S_WarpRepeat
  • S_WarpTransform
  • S_WarpVortex
  • S_WarpWaves
  • S_WarpWaves2
Lighting
  • S_BokehLights【V9】
  • S_DropShadow
  • S_EdgeRays
  • S_Flashbulbs
  • S_Glare
  • S_Glint
  • S_GlintRainbow
  • S_Glow
  • S_GlowAura
  • S_GlowDarks
  • S_GlowDist
  • S_GlowEdges
  • S_GlowNoise
  • S_GlowOrthicon
  • S_GlowRainbow
  • S_GlowRings
  • S_LensFlare
  • S_LensFlareAutoTrack
  • S_Light3D
  • S_LightLeak
  • S_Rays
  • S_SpotLight
  • S_Streaks
  • S_ZGlow
Render
  • S_Aurora【V9】
  • S_Caustics
  • S_Clouds
  • S_CloudsColorSmooth
  • S_CloudsMultColor
  • S_CloudsPerspective
  • S_CloudsPsyko
  • S_CloudsVortex
  • S_Gradient
  • S_GradientMulti
  • S_GradientRadial
  • S_Grid
  • S_Grunge
  • S_LaserBeam
  • S_MuzzleFlash
  • S_Luna【V10】
  • S_NightSky【V9】
  • S_Shape
  • S_Sparkles
  • S_SparklesColor
  • S_TextureCells
  • S_TextureChromaSpiral
  • S_TextureFlux
  • S_TextureFolded
  • S_TextureLoops
  • S_TextureMicro
  • S_TextureMoire
  • S_TextureNeurons
  • S_TextureNoiseEmboss
  • S_TextureNoisePaint
  • S_TexturePlasma
  • S_TextureSpots
  • S_TextureTiles
  • S_TextureWeave
  • S_Zap
  • S_ZapFrom
  • S_ZapTo
Stylize
  • S_AutoPaint
  • S_BandPass
  • S_BleachBypass
  • S_Brush【V10】
  • S_Cartoon
  • S_CartoonPaint
  • S_Crosshatch
  • S_Diffuse
  • S_DigitalDamage
  • S_DogVision
  • S_EdgeColorize
  • S_EdgeDetect
  • S_EdgeDetectDouble
  • S_EdgesInDirection
  • S_Emboss
  • S_EmbossDistort
  • S_EmbossGlass
  • S_EmbossShiny
  • S_Etching
  • S_FilmDamage
  • S_FilmEffect
  • S_FlysEyeCircles
  • S_FlysEyeHex
  • S_FlysEyeRect
  • S_Grain
  • S_GrainStatic
  • S_HalfTone
  • S_HalfToneColor
  • S_HalfToneRings
  • S_JpegDamage
  • S_Kaleido
  • S_KaleidoPolar
  • S_KaleidoRadial
  • S_Mosaic
  • S_Posterize
  • S_PseudoColor
  • S_PsykoBlobs
  • S_PsykoStripes
  • S_RomanTile【V10】
  • S_ScanLines
  • S_ScanLinesMono
  • S_Sketch
  • S_Solarize
  • S_StripSlide【V9】
  • S_TVDamage
  • S_TileScramble
  • S_Vignette
  • S_VintageColor2Strip
  • S_VintageColor3Strip
  • S_ZFogExponential
  • S_ZFogLinear
  • S_Zebrafy
  • S_ZebrafyColor
Time
  • S_CutToDissolve【V9】
  • S_Feedback
  • S_FeedbackBubble
  • S_FeedbackDistort
  • S_FieldRemove
  • S_Flicker
  • S_FlickerMatch
  • S_FlickerMatchColor
  • S_FlickerMatchMatte
  • S_FlickerMchMatteColor
  • S_FlickerRemove
  • S_FlickerRemoveColor
  • S_FlickerRemoveMatte
  • S_FlickerRmMatteColor
  • S_FreezeFrame
  • S_GetFrame
  • S_JitterFrames
  • S_MotionDetect
  • S_NearestColor
  • S_RandomEdits
  • S_RepairFrames【V9】
  • S_Retime
  • S_ReverseClip
  • S_ReverseEdits
  • S_TimeAverage
  • S_TimeDisplace
  • S_TimeSlice
  • S_TimeWarpRGB
  • S_Trails
  • S_TrailsDiffuse
Transitions
  • S_CardFlip
  • S_Dissolve
  • S_DissolveAutoPaint
  • S_DissolveBlur
  • S_DissolveBubble
  • S_DissolveDefocus
  • S_DissolveDiffuse
  • S_DissolveDistort
  • S_DissolveEdgeRays
  • S_DissolveFilm
  • S_DissolveFlashbulbs
  • S_DissolveGlare
  • S_DissolveGlint
  • S_DissolveGlintRainbow
  • S_DissolveGlow
  • S_DissolveLensFlare
  • S_DissolveLuma
  • S_DissolvePuddle
  • S_DissolveRays
  • S_DissolveShake
  • S_DissolveSpeckle
  • S_DissolveStatic
  • S_DissolveTiles
  • S_DissolveVortex
  • S_DissolveWaves
  • S_DissolveZap
  • S_FilmRoll
  • S_FlutterCut
  • S_StripSlideTransition【V9】
  • S_Swish3D
  • S_SwishPan
  • S_TVChannelChange
  • S_WipeBlobs
  • S_WipeBubble
  • S_WipeCells
  • S_WipeChecker
  • S_WipeCircle
  • S_WipeClock
  • S_WipeClouds
  • S_WipeDiffuse
  • S_WipeDots
  • S_WipeDoubleWedge
  • S_WipeFlux
  • S_WipeFourWedges
  • S_WipeLine
  • S_WipeMoire
  • S_WipePixelate
  • S_WipePlasma
  • S_WipePointalize
  • S_WipeRectangle
  • S_WipeRings
  • S_WipeStar
  • S_WipeStripes
  • S_WipeTiles
  • S_WipeWeave
  • S_WipeWedge

【Sapphire フローティング版の販売ポリシー変更】について

BorisFX 社は、GenArts Sapphire フローティング版の販売ポリシーを変更致しました。
これに伴い、弊社での GenArts Sapphire フローティング版の販売を、2017年4月1日より以下の通りに変更致します。

2017年4月1日より
・フローティング版の新規ライセンスのご購入は、最小5本より承ります。
・アップグレード&サポートプラン加入ユーザー限定で提供するノードロック版からフローティング版へのアップグレードのご購入も、最小5本より承ります。
・Sapphire 旧バージョンのフローティング版をお持ちのユーザーの方は、本数の制限なく1本から最新のフローティング版にアップグレード頂けます。
・フローティング版を既にお持ちのユーザーの方は、本数の制限なく1本から追加フローティングライセンスを購入頂けます。
 ご希望の方は、弊社までお問い合わせください。

※上記の変更に伴い、フローティング版の新規ライセンス、及びノードロック版からフローティング版へのアップグレードについて、5本以下のご注文 (1〜4本のご注文) は、2017年3月末までの受付とさせて頂きます。

GenArts Sapphire フローティング版の購入に関して不明な点がありました際は、弊社までお問い合わせください。

(2017/2/28)

「Sapphire 7 以前 (v7を含む) の旧バージョン」全サポート終了のお知らせ

Sapphire の開発元 GenArts 社は、2016年4月29日以降、「Sapphire 7 以前 (v7を含む) の旧バージョン」の全サポートを終了することを発表しました。
【Sapphire アップグレード&サポートプラン】に加入されているライセンスにつきましては、引き続きサポートサービスをご提供致します。
【Sapphire アップグレード&サポートプラン】に未加入の Sapphire のライセンスをお持ちの際は、ぜひ同サービスへの加入、または更新をご検討ください。(2016/4/25)

■ 「Sapphire 7 以前 (v7を含む) の旧バージョン」のサポートについて
  2016年4月29日 以降 、以下を含む全サポートを終了させて頂きます。
  ・テクニカルサポート
  ・インストール及びライセンス認証のサポート
  ・使用するコンピューターの変更やトラブル時の、開発元によるライセンスの手動解除
  ・フローティングサーバー変更に伴うライセンスの再発行
  ・バグフィックスを含む開発 (今後、新しいOSやホストアプリケーションの新バージョンへの対応はありません)

注1:「Sapphire 7 以前 (v7を含む) の旧バージョン」のライセンス手動解除、またはフローティングライセンスの再発行は、【Sapphire アップグレード&サポートプラン】にご加入のユーザーの方のみに引き続きご提供致します。

注2:「Sapphire 8」「Sapphire 9」「Sapphire 10」を購入された際に「Sapphire 7 for FCP」へダウングレードされ、且つ【Sapphire アップグレード&サポートプラン】に加入されたライセンスは、GenArts社が正式サポートするシステム環境内に限り、サポートをご提供致します。但し、不具合に伴うバグ修正などは今後一切ございませんので何卒ご了承ください。

Sapphire 7 for FCP の動作環境
 - Final Cut Pro 6.0 and 7.0 running on Mac OS X 10.6.8, 10.7 and 10.8.
 - Final Cut Express 4.0 running on Mac OS X 10.6.8 and 10.7.
 - Motion 3.0.2 and 4.0 running on Mac OS X S 10.6.8, 10.7 and 10.8.

次の Sapphire のライセンスは引き続き、サポートサービスをご提供致します。
【Sapphire アップグレード&サポートプラン】に加入されている「Sapphire 7.5」「Sapphire 8」「Sapphire 9」「Sapphire 10」

Sapphire ライセンスについて

  • Sapphire 8〜11 のライセンスは、異なるホストアプリケーションで使用できる、クロスホスト ライセンスになります。ご購入されたライセンスにより、使用できるホストアプリケーションが異なります。
  • Windows/Macintosh/Linux 共通のクロスプラットフォームです。
  • Node locked (ノードロック) 版は、固定された1台のマシンのみで使用できるライセンスです。1度認証されたソフトウェアを、異なるマシンで使用する場合は、インターネット環境下のソフトウェアからライセンスの変更を行えます。
  • Floating (フローティング) 版は、同一ネットワーク内にて、マシンを固定せず、複数台のマシンで使用できるライセンスです。同時に使用する場合は、使用する数分のライセンスが必要です。